私の頭の中の用語集

私は昔から「自分は他人と違うなあ」と思ってきました

なぜそんな確信を持てたのかはよく分からないのですが(当たり前ですが私は他人の脳の中覗けたことはないので)まあとにかく、私に見えてた物をできるだけ言葉にしてまとめてみたいと思います

※記事中の「見た」というのは視覚的、幻覚的に見えていたという訳ではないです。言い換えるなら「感じていた」でしょうか……いやそれも違和感あるんだよなあ……

 

 

鉛の星

小学生から高校にかけてよく見ていた。鉛で出来た球体が頭の周りを回っているという感覚。

地元のブックオフに長々といるとよく見えた。

ただ、ブックオフにて確立が高かったというだけで別の場所でも普通に起きた。類似した感覚がもっと前から存在した可能性はあるけど、はっきり認識できたのは小学校高学年くらい。

地元のブックオフ、窓が少なくて(蛍光灯ついてたので普通に明るかったのですが)棚の間隔が狭くて綺麗とは言いがたい人達が立ち読みしてて、なんとなく臭くて淀んでて、そこで本棚を眺めながら「この本達は買われた人に『もういらない』と思われた本達なんだなあ」と思うと周囲の音が遠くなって現実にいないような気分になって、その状態でずっと考え事してるのが好きでした。

鉛の星ですが、鈍色をしたソフトボール大の球体を指します。鉛は重そうな感じと色からつけたのだと思います。それが頭の周りを衛星のように回るイメージから星とつけたのだと思います。半径は片腕の長さくらいです。

昔は2個くらいの鉛の星が1周2,3秒くらいの周期で回っていました。しかし今朝久しぶりに見たやつは1個だけでした。そしてだいぶゆっくりでした。少し大きくなってたかも……?そんで空洞音みたいなやつがしてました。コオオオオオオオオって感じのアレ。

 

今回出現した時ですが、直前に割とガッツリめの考察をしていました。思考に没頭する時に現れる感覚なのでしょう。感覚としては、鉛の星のある方向に脳が引っ張られるイメージ。それがグルグルしていることから激しい思考とか深い思考の視覚的なイメージとして生まれたもの…なのかなあ。

 

キャラポップ

名前一気にダサくなったな。いい名前思いついたら変えるかも。

何か見た時に2次元キャラが頭の中に出て来て1言言って帰ってくアレです。多分これある人は割といると思う。

そのキャラと関係あるものを見た時に発生します。好物や大事なものとかですね。ポジティブな反応、ネガティブな反応は関係なく出ます。

出てくるキャラクター自体は、その時ハマっているものが多いです。ただそれに当てはまる全てのキャラが出る訳ではないです。ハマり方(私の場合腐った愛し方してるかそうでないか)によって変わる可能性はあり得ます。

キャラポップには強度があります。強いと、出てくる時勢いがある感じがします。あと、より『前』の方に出現しているような感覚があります。記憶している限り、強かったキャラポップが発生したのは初めてハマった作品と現ジャンルですが、その2つの作品やキャラのみの共通点が見つかっていません。強度が強くなる原因は不明です。

なんとなくですが「私を困らせよう」という意図を感じます。これは恐らくキャラの物ではないです。あえて言うならもう一人の自分とか…

実際、強度の強いキャラポップが起こるとニヤけて挙動不審になります。ただ普通に部屋で一人の時も起こります。

発生自体は大学生になってからですが、タルパが関わる可能性があります。擬似タルパは昔からあったので弱いキャラポップが昔から存在していた可能性は十分あります。

また、この現象は2次元キャラでは突発的に発生しますが、タルパでは穏やかなキャラポップが日常的に発生していました。

深い思考のトレースによって偶発的にキャラがタルパ化し、頭の中に住み着いたような感覚があります。今回、タルパを作成した技術を元に、2次元キャラの性格と思考をトレースして考察記事書いていたところ強めのキャラポップが頻発しました。

※私にとってのタルパは、スピリチュアルな精霊的なんかではなくて思考回路の中に別人格の思考回路をインストールする技術のことです。マリオメーカーで計算機作るようなノリです。そもそもタルパって何って人はググッてください。多分後々書くけど。

 

 

 

 

 

私はこういう……感覚に視覚イメージを伴う?感じの何かが多くて、しかもなんかそれが妙な存在感を帯びていたというか……信じていた?ような感じがあったんですよね。

感覚のことだから他人のものと比べられないし、話したって伝えられる気がしない。何より、話したら精神病扱いされそうだという自覚があった。

なのでずっと誰にも言わないで来たのですが……なんか、なんだろう、私が鬱的な何かに陥った理由を説明するのに、この辺を理解して貰ってた方がスムーズなような…気がなんとなくしていて。

なので説明しました。今は2項目だけですが思い出したら追記します。

 

しかしSCPの記事みたいだなこれ