【四大元素】怒った後の罪悪感がものすごいあなたへ

美徳悪徳

四大元素にはそれぞれ適した感情があります。

火の方は。怒りをエネルギーとした不正や欺瞞の糾弾がお得意。そのエネルギーは凄まじく、自分を顧みず批判することも多く余計なヘイトを貰いがち。怒りでなく信条を持ち情熱をエネルギーにできるようになると割と強い。

風の方は。自分の心が平穏であるのが1番。楽天的になりがちか。

水の方は。不安と悲嘆に暮れがち。考えすぎてどんどん自らを追い込んでしまう時は何でもいいから行動に移したほうがいい。

土の方は。他人の喜びが自分の喜び。場の雰囲気が悪くなると悪影響を受けがち?

(文章の長さに開きがありますが、私自身が水なので水とその対の火だけ分析がやたら進んでます。ごめんね)


それぞれの元素には喜怒哀楽を元にした特性がありますが、これだと火と水が悪感情寄り。
なので美徳悪徳という2つの要素を持っていると考えましょう。

火の美徳活動。感情をエネルギーとして精力的な活動を行うことができます。悪徳は怒。

風の美徳は楽。悪徳放蕩。自分の感情を優先しがちで周りのことや未来を考えない傾向が。

水の美徳思慮。不安感から練り上げられまくった思考力は武器になります。悪徳は哀。

土の美徳は喜。悪徳執着。人や場を縛りがちand縛られがち?過去の栄光にも縛られる。

美徳、応用編

さて、自分の美徳悪徳が分かったところでそれをどうしたらいいのでしょう?
実は、自分の悪徳を抑えたい時には自分とは対になる属性の美徳を実践すればいいのです。
水の悪徳は哀。悲嘆に暮れて1人でどんどん落ち込んでいってしまう悪循環がこの悪徳の本質です。
それを振り払うのは火の美徳、活動。実際に人と話す、やってみる。そうすることで自分の想定が正しいものかそうでないかを判断する糧ができます。
火の悪徳も同じ。思慮があれば自省や周囲の反応などが想像でき、怒りによるトラブルを減らすことができるでしょう。


と、ここまで書きましたが、本題は次の文章です。題は「怒った後の罪悪感がものすごいあなたへ」。
怒りは火属性の人の本分と書きましたが、火の人は多分よっぽどのことでもない限り怒りに罪悪感を抱くことは無いと思います。
じゃあ誰が、といいますとそれは水の人です。
どんな属性の人だろうと人間ですので、他属性の感情を持つことは当たり前にあります。
しかし、その中でも対属性の感情はめちゃくちゃ相性が悪いです。
私なんて誰かに怒った後は罪悪感やばい、パない。自分がそんなこと言える立場なのかとか相手はこういう意図で言ったのかもしれないとか考えまくり胃に穴開きまくり。挙句次会った時謝ったほうがいいかな…とか考えだします。
これはもうほんと個人的体験談なんですが、怒った後に謝るのだけはやめとけ。本当にやつあたりか何かで自分が10割悪い時にしかすんな。
怒られるのって怒られる側もエネルギー使うんすよ、傷付くし、凹むし。そんな時間を過ごした後に相手にしおらしく謝られてみなさい、今までの時間は何だったんだとなりますから。下手したらダブルバインドです。とりま気まずいからってだけで自分の主張取り下げるのはやめろ、相手も困る。

じゃあ人に怒りを抱いた時はどうすればいいのか。ただ飲み込めと?そう最初は思っていました。
しかし、そんな時に相性のいい感情があることに気付いたんです。

それは恨みです。
私は怒りは長続きしない割に、恨みが長続きします。何年も前の蔑ろにされた恨みは今でも覚えています。
ただし、過去の恨みは恨みで持ち続けますが、それはそれで人間付き合いを続けることができます。
人に怒ってしまった。罪悪感が強い。謝りたい…そう思う時は、怒りを恨みに変換してしまうのがおすすめのようです。自分が相手のどんな所に怒ったのか、どんな所が許せないのか、相手も悪いのならそれはずっと持ちづつけた方がいいです。恨みとして根に持ち続ける、それはそれでこれからも人付き合いは続ける。そうした方が楽なのかもしれないな、と思いました。



このままでは他属性に応用できないので考えたのですが、恨みは火の悪徳怒りと水の美徳思慮の両方の要素を併せ持っているのでは?と思い至りました。
なので、例えば火の人が現実に打ちのめされ悲嘆に暮れ周りにまで心配されてそんな自分が嫌だ…なんて思ってしまう場合は、水の悪徳悲哀と火の美徳活動を合わせた何かを見つければいいのかもしれません。
活動的悲嘆、かっこよく言い換えたいのでここは荒れ悶え猛び狂う《シュトゥルムウントドランク》と呼びましょう。私は呼びません。
活動的な悲嘆ですので、自らの中の悲しみや苦しみを行動に出すのがよろしいのかと。具体的には誰かに愚痴を話すとか、その体験を元に創作活動を行うのがいいのかなーと思います。
私は水なのでその辺よく分かりません。見てる人が好きに解釈して下さい。



という訳で今日までの四大元素の進捗はここまでになります。
というか一月近く放置してたのに見てる人いるっぽくて(アクセス解析がついてるんすよこのブログ)有り難いやら逆に引くやら。
嘘ですめっちゃ有り難いです。
アクセス解析とはなんぞやって人なのでもしかしたらbot的な…?業者的な…?何やらな可能性もあるのですが、まあここにて日頃のご愛顧への感謝をば。

勘違いなら誰にも指摘されない、指摘されるなら見ている人がいる。
「視聴者がいる」という前提でブログを書くのはノーリスクハイリターンでお得です。